ゲノム情報で安全で有効な創薬を目指します

Welcome

日本PGxデータサイエンスコンソーシアム(JPDSC)は遺伝子解析を通じて日本人の副作用の原因を解明し、安全性、有効性の高い薬開発を目的とした日本人のコントロールDNAデータベースの構築を目標に、2009年2月、アステラス製薬株式会社、大塚製薬株式会社、第一三共株式会社、大正製薬株式会社、武田薬品工業株式会社および田辺三菱製薬株式会社の国内製薬会社6社をチャーターメンバーとして発足しました。

新着記事

  1. 2018年3月29日 JPDSC解散のお知らせ
  2. 2016年3月1日 JPDSCに関連する投稿:Current Dermatology Reports
  3. 2015年6月1日 JPDSCに関連する投稿:Jounral of Human Genetics